C-PAPを使い続けますか?

C-PAPとは?

C-PAPとはContinuous Positive Airway Pressureの頭文字をとった睡眠時無呼吸症候群の治療法です。
C-PAPは装置を使用して、そこから圧力を加えた空気を鼻腔経由で送ります。その風圧によって、閉塞している気道を広げ、無呼吸状態を防ぐ仕組みとなっています。
CPAP
C-PAPを装着することで、いびきは解消し、無呼吸症候群の症状をなくすことが可能で、一般的な無呼吸症候群の治療法として広まっています。
しかし、C-PAPには多くの問題点があります。

C-PAPの問題点・デメリット

いびき・睡眠時無呼吸症候群の根本的な治療方法ではない

C-PAPはあくまで、睡眠時無呼吸症候群の対症療法です。つまり、装置によって症状が改善されているだけなのです。使用を中止すると、無呼吸症候群の症状は再発するので、継続して装着し続けなければなりません。

不快感がある

C-PAPは、大きなマスクを装着するため、顔への固定が必要になります。睡眠中は常に装着する必要がある為、不快感があります。

喉を痛める可能性がある

睡眠中に空気を強制的に送り込むため、喉を痛めたり、口腔内の渇きを感じる場合があります。また、鼻腔経由で空気を送るので、鼻炎の症状がある時は、症状を悪化させる可能性があります。

持ち運びが不便

旅行や出張など外泊時に、C-PAPの装置を持ち運ばなければなりません。また、電気(動力源)が必要となるので、電源がある場所でないと使用できません。

ランニングコスト・メンテナンスが必要

電気代やフィルターなどの消耗品のランニングコストがかかり、マスクやホースなどを清潔に保つためのメンテナンスも必要です。

継続的な通院が必要

毎月1回の通院が継続的に必要ですので、時間的なコストもかかります。何年も続けるとなると、煩わしく感じる方が多くいらっしゃいます。

レーザー治療

レーザー治療
多くの問題点を持つC-PAPですが、当院が行うレーザー治療で、いびき・無呼吸症候群の治療が可能です。
当院は、10,000件を超えるいびき・無呼吸症候群のレーザー治療実績があり、日帰りで手術ができます。また、保険診療であり、痛みや出血など、体への負担が少ないのが特徴です。
無呼吸症候群は脳卒中・心筋梗塞による突然死など、多くの病気を誘発する危険性があります。
そのため、早期の診療及び治療をお勧めします。